現在注文が集中しており、一日の販売数を制限しています。
手作業での製本工程のためご理解賜れますと幸いです。
在庫は毎日補填予定ですので、詳細については
シカケテガミ公式インスタグラムをご確認ください。

結婚式は新郎から新婦へサプライズを!大掛かりな準備不要の感動演出とは?

更新日 | 2022年4月25日

結婚式は、人生の一大イベントのひとつ。

挙式の準備を進める中で、新郎から新婦に向けて結婚式のサプライズを考える方も多いのではないでしょうか。

せっかくの機会ですから、新婦に人生最高の1日だったと思ってもらえるようなサプライズを企画したいですよね!

新郎の中には、新婦に歌やピアノを弾いたり、自作のムービーを上映する、なんて方もいます。

でもそういったわかりやすい特技を持たない人にとっては、人前でのサプライズってとても難しいですよね・・・

そこでたとえ芸達者でなくても、新婦を心から感動させられるサプライズ演出をご紹介します!

▶︎先におすすめの結婚式サプライズを見たい方はこちら

 

 

新郎から新婦へのサプライズは難しくない!?

花嫁の喜ぶ姿が見たい!と、結婚式で新婦へのサプライズを考えている新郎は少なくありません。

しかしその一方で、「結婚式のサプライズってなんだか大変そう…」「あまり派手すぎる演出は引かれてしまうかも…」「そもそも自分にできるのかな…」と、ウェディングサプライズを不安に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

確かに、テレビ番組やウェブ動画などでよく見る結婚式のサプライズといえば、「フラッシュモブ」や「オリジナルソングの演奏・歌唱」など、大掛かりで事前の準備や当日の段取りが大変そうなものも多く、当日まで新婦にサプライズを隠し通さなくてはいけないという点でも、かなりハードルが高いですよね。

けれど、結婚式のサプライズは、実はまったく難しいことではありません。

大切なのは、新婦のことを一番に考えたサプライズ内容にすること。

そして、背伸びしすぎない演出にすること。

本来、サプライズというのは、相手に喜んでもらうために行うものです。

つまり、必ずしも派手な演出である必要はない、ということです。

ですから、結婚式のサプライズだからと言って、気を張る必要はまったくありません。

新婦が驚く姿が思い浮かぶ、新郎であるあなたからの愛とやさしさに溢れた等身大のサプライズが一番です!

 

結婚式で新郎から新婦にサプライズするべきタイミングは?

ウェディングサプライズは、タイミングが重要です。

特にオススメなのは、お色直しの中座前後。

入退場が必要な場面では、必然的にゲストからの視線が、新郎新婦へ集まるため、スムーズにサプライズへ移行することができます。

逆に、サプライズのタイミングとして避けておきたいのが、新婦から両親へ手紙を読む直前のタイミングです。

この場面は、新婦が、これまで自分のことを大切に育ててくれたご両親への感謝の気持ちを伝える、結婚式の中でもとても重要なシーン。

きっと新婦であるあなたの奥様は、緊張感を持って臨もうとしていることでしょう。

そんなタイミングに、新郎から新婦へのサプライズを差し込んでしまうと、全体の空気を乱すことに繋がりかねません。

ですから、サプライズすることを決めた段階で、ウエディングプランナーさんに「サプライズがしたい」という意思を早めに相談すると良いでしょう。

数々の演出をこなしてきた、経験値の高いプランナーさんだからこそ、サプライズのタイミングや段取りについても、きっと的確なアドバイスをくれますよ。

  

結婚式を盛り上げる新郎から新婦への感動サプライズ演出とは?

ここからは、具体的な結婚式のサプライズ演出アイデアについてご説明したいと思います。

先ほど、結婚式で新郎から新婦へサプライズするのは決して難しくないというお話しをしました。

そこで、今回は、

  • 特技や一芸がなくても会場に一体感を生むことができる
  • 他者(友人など)を巻き込まなくても実現できる
  • 結婚式当日までの手間のかかる段取りや準備は不要
  • 新郎の気持ちが新婦へ漏れなく伝わる

    という4点を踏まえた、新郎にしかできない、新婦感動必至のサプライズ演出をご紹介します。

    それはズバリ、新郎から新婦へ手紙を贈るウェディングサプライズ演出です。

      

    気持ちが伝わる新郎から新婦への手紙サプライズ

    結婚式における手紙といえば、新婦が自身の両親に宛てて書いた手紙を読む演出が一般的ですよね。

    けれど、最近では、サプライズで新郎から新婦へ手紙を贈るケースも多いようです。

    普段は照れくさくてなかなか伝えられない感謝の気持ちや愛情を、自分の言葉で真摯に伝える新郎の姿に、新婦はもとより、参列してくれたゲストの方々にも感動を与える演出として、今とても注目されているサプライズ演出なんです。

    結婚式を迎えるにあたって、あなたはこれまで二人で歩んできた道のりをふりかえり、改めて、新婦である奥様と一緒になれた幸せを噛み締めていることかと思います。

    そういった募る想いを、ぜひ結婚式という特別な舞台で、新婦に伝えてあげてください。

    まさか、新郎から新婦へ手紙が用意されているなんて、誰も予想していないはずですから、きっと素敵なウェディングサプライズになりますよ。

    また、新婦へ手紙を贈るサプライズは、新郎にとってもメリットだらけの演出方法です。

    というのも、手紙は当日までに自分一人で完璧に仕上げることができるので、準備の煩雑さがありません。

    たとえ新郎のあなたが緊張しやすい性格であっても、結婚式当日は、あらかじめ用意した手紙を新婦に向けて読むだけでOK。

    事前の準備ができている安心感があり、本番で頭が真っ白になってしまう心配もないので、新郎から新婦へのサプライズを考えている方には、手紙を贈るサプライズはとてもおすすめです。

     

    結婚式サプライズ演出「シカケテガミ」とは

    新郎から新婦へのサプライズには、手紙を贈る演出がおすすめですが、せっかくゲストの方々もいらっしゃるのですから、感動を与えるだけではなく、聞いて、見て、全員が楽しめるものだといいですよね。

    そこでオススメしたいのが、”手紙”を”オリジナル絵本”にして、大切な人へ贈ることができる、いい大人のラブレター「シカケテガミ」。

     

    シカケテガミは、普段は恥ずかしくてなかなか伝えられない感謝や愛情の気持ちを、世界にひとつだけの絵本の手紙にして大切な人へ贈ることができるレターギフトサービスです。

    絵本の主役は、あなたと贈り相手。

    プロの絵本作家が書き下ろしたイラストの中から、自分好みの絵柄を選ぶことができて、名入れはもちろんのこと、なんと、主役二人の顔イラストをアバター形式で自作することができるんです!

    一般的に、夫婦の似顔絵をプロのイラストレーターさんに依頼するにはそれなりのコストがかかりますし、オリジナル絵本となると制作にも相当な時間がかかります。

    ですがシカケテガミなら、スマホさえあれば、ご自身で本格的なオリジナル絵本の制作ができて、注文から1週間程度でお手元に届けられます。

    その他にも、シカケテガミには結婚式のサプライズにおすすめなポイントがたくさんあります。

      • アバター形式で主人公2人の顔を自作できる
      • 複数の選択肢から選んで作る自分だけのオリジナルストーリー
      • 共通の友人や家族からのクスッと笑える帯推薦文
      • 最終ページにはあなたからのオリジナルメッセージを印字
      • 結婚式当日の日付を刻印可能
      • 形に残るから新婦にとって生涯の宝物に
      • 大切なお子様も出演可
      • 手紙そのものがプレゼントになる

    などなど、シカケテガミはカスタムの幅の広さと、プレゼントとしての品質の高さから、大切な新婦へのサプライズにぴったりなアイテムなんです。

    そして絵本の最終ページは、あなたからのオリジナルメッセージを入力することで完成します。

    文字のフォントは、手書き風フォントが複数用意されているので、あなたの筆跡に近いフォントを選ぶことで、よりリアルな手紙に仕上げることが可能ですよ。

    ぜひ絵本の最後のページに、新婦への日頃の感謝や愛情、これからの夫婦生活における決意など、今だからこそ伝えたい想いを、新郎であるあなた自身の言葉で綴ってみてくださいね。

    またシカケテガミでは、結婚式や二次会での新郎から新婦へのサプライズ演出を応援するため、注文したオリジナル絵本の画像データ提供を行っています。

    画像データを利用することで、会場のスクリーンへ簡単に絵本の内容を投影することができます。

    スクリーンに映し出すことで、新婦だけではなくゲストを含めた会場全体を巻き込む、より本格的なウェディングサプライズになりますよ。

    また通常、手紙を読むサプライズ演出では、読み手の新郎にゲストからの視線が集中してしまいますが、絵本の内容をスクリーンに映し出すことで、ゲストの視線をそちらへ集めることができるという効果も。

    これなら「プレッシャーに弱くて…」という新郎でも、緊張に負けずに、新婦へのサプライズを成功させることができるのでは?

    新婦が驚き、喜んでくれるのはもちろん、ゲストも一緒に盛り上がること間違いありません!

    シカケテガミのデータを使ったサプライズ演出が終わった後には、新郎から新婦へ、シカケテガミの実物をプレゼントすることで、その日の思い出をいつまでも手元に残しておけますよ。

     

    <シカケテガミ利用者の声>

     

    実際にシカケテガミをご利用いただいた方の『お客様の声』を一部ご紹介します。

    • 披露宴の最中、彼からの突然のサプライズ。その時も思わず号泣してしまったけど、仕事終わりに一人でプランナーさんと打ち合わせをしてくれていたようで、その姿を想像してまた泣いてしまいました。(20代女性)
    • 結婚式の日に、ブライズルームで彼がプレゼントしてくれました。準備期間中はすれ違いも多かったのですが、本当にこの人と結婚して良かったと思えた瞬間でした。(30代女性)
    • 妻が喜んでくれたのはもちろんだけど、それ以上に、シカケテガミを作る過程で、妻とのこれまでの軌跡を改めて振り返る時間を持てたことにとても感謝しています。今の幸せは決して当たり前のものではないってこと、ずっと忘れないようにしたいと思います。(30代男性)

    <シカケテガミが喜ばれる理由>

     

    • 普段は伝えられない想いを素直に伝えられる
    • 形に残るため、何年たっても見返すことができる
    • 贈る側も贈られる側も幸せな時間を共有できる

     

    <注文方法>

     

    シカケテガミの作者はあなた自身ですが、注文はとっても簡単。

    スマホ上でステップに従って選択や入力をするため、初めてでも安心です。

    【STEP ①】基本情報の入力

    【STEP ②】主人公の顔の選択

    【STEP ③】選択文の選択

    【STEP ④】自由メッセージの入力

    【STEP ⑤】帯デザインの選択

    約1週間程で、指定のご住所に商品が届けられます。

     

    <注文前に気になるQ&A>

     

    Q. 支払い方法について

    クレジットカード(VISAMASTERAMEXJCB)、Apple PayGoogle PayAmazon PayPayPay、あと払いPaidyでの決済が可能です。贈る相手とクレジットカードを共有している場合には、明細が相手にわからないPayPay、あと払いPaidyがおすすめです。

    Q. 出荷予定日について

    通常、注文日の翌営業日から6営業日前後で出荷します。出荷日から1〜2日後がお届けまでの日数の目安となっています。土日祝日は出荷しておらず、注文の混雑状況によって出荷日は前後します。

    Q. シカケテガミの梱包について

    シカケテガミは白い梱包材に納めて発送されます。発送伝票の内容物には「シカケテガミ」ではなく「書籍」と記載されており、中身を開けないとシカケテガミであることはわからない仕様になっています。

    Q. 配送について

    メール便は全国一律配送料無料、宅急便は385円かかります。なお、海外配送は現在、一時的に停止しています。

    Q. シカケテガミの配送先について

    配送先は自宅だけでなく、実家や会社に郵送することも可能です。配送業者はヤマト運輸ですので、配送先をご自宅近くのヤマトの営業所留めすることもできます。

    Q. キャンセルについて

    シカケテガミは注文後すぐに作成を開始するため、注文完了後のキャンセルはできません。注文を確定する前に必ず内容を確認してください。

     

    まとめ

    いかがでしたか?

    結婚式の新郎から新婦へのサプライズ演出について、ご紹介しました。

    あなたと奥様、2人が主役となる結婚式は、紛れもなく人生のハイライトのひとつです。

    ウェディングサプライズを計画するのは、大掛かりで大変そうなイメージがありますが、あなたが新婦である奥様を思う気持ちさえあれば、決して難しいことではありませんし、等身大のあなたを表現できるサプライズ演出もたくさんあります。

    特に、手紙を使ったサプライズは、凝った演出や大掛かりな準備をしなくても、あなたの奥様を想う気持ちが、新婦だけでなく、ゲストの方々にも感動を与えます。

    「新婦のためにウェディングサプライズを企画したいけど、自分にサプライズができるのか不安…」そんな悩みのある方こそ、ぜひこの記事のアイデアを参考にして、心温まる素敵な結婚式にしてくださいね!

     

    関連記事:新郎から新婦への手紙サプライズ!ゲストも感動するとっておきの演出とは?

    関連記事:伝えるオリジナル絵本「シカケテガミ」!記念日・誕生日に大切な家族に感謝を届けよう!