新郎から新婦への手紙サプライズ!結婚式で意識するべき新郎の2つの役割とは?

結婚式で、新郎から新婦への手紙サプライズを考えているあなた。

新婦へ贈る手紙には、どんなことを書けばいいのか、どんな風に自分の気持ちを伝えれば喜んでくれるのか…。

そんな手紙の書き方・内容について悩まれる新郎さんも、多くいらっしゃるかと思います。

でも実はその悩み、結婚式での”新郎の役割”を意識するだけで、案外簡単に解消することができるんです。

では、その新郎の役割とは一体、何なのでしょうか?

そこで今回は、新郎から新婦へ向けた手紙の書き方や、演出アイデアについて、結婚式における新郎の役割を紐解きながら、詳しくお話ししていきたいと思います。

 

 

1.新婦へ手紙を贈る新郎が意識すべき2つの役割

結婚式における新郎の役割は2つあります。

一つは、当たり前のことではありますが、結婚式当日を、新婦にとって世界で一番幸せな一日にすること。

もう一つは、会場まで足を運んでくれたゲストの方々にも、心から楽しんでもらえるようなおもてなしをする、という、意外と見落としがちな役割です。

これら2つの新郎の役割を意識するだけで、結婚式における手紙サプライズが劇的に素晴らしいものになります。

それでは、その役割を果たすために、新郎であるあなたは一体どうすれば良いのか?ということについて、以下で詳しくお話ししたいと思います。

手紙は新郎の素直な気持ちを込める

あなたはなぜ、新婦に向けて、手紙を贈ろうと思ったのでしょうか?

「新郎から新婦へ手紙を贈る目的」とは、どういったものなのでしょうか?

きっとそこには、人の数だけ答えがあります。

けれど、その様々な答えの根底には、「今日まで共に歩んできた道のりで生まれた、彼女への感謝や愛情」があるはず。

そして、新郎であるあなたの、そのあたたかな気持ちこそが、まさに新婦にとって、一番嬉しいものなんです。

つまりは、新婦を世界で一番幸せな気持ちにする、という役割を果たすためには、手紙にはあなたの素直な気持ちをたっぷりと込めることが、最も重要と言えます。

そこで、ここでは、新郎が新婦に向けて、手紙で自分の素直な気持ちをうまく伝えるための、3つの書き方のポイントをご紹介します。

 

書き方のポイント① 手紙は例文に頼らず自分らしい言葉で書く

手紙を書こうと、いざ机に向かってみたは良いものの、手紙の書き方や、そもそもどんなことを書けば良いのかわからない…と、つまずいてしまった方も、少なくないのでは?

インターネットで、手紙の書き方を検索してここにたどり着いた方も、多くいらっしゃるかもしれません。

日々の生活の中で、誰かに手紙を書くことってそうそうないものですから、迷いが生まれてしまうのは仕方のないことですし、例文などを参考にしたい気持ちもよくわかります。

ですが、いくらかっこよく、まとまりの良い文章にしたとしても、ネットの記事に載っている文章を使って体裁を整えた手紙で、新婦であるあなたの奥様は喜んでくれるのでしょうか?

その答えはNOで、奥様はきっと、あなた自身から生まれる、あなたらしい言葉で綴られた手紙を望むはずです。

言葉はその人の、人となりを表すもの。

たとえ表現が拙かったとしても、話がうまくまとまらなくなってしまっても、それも含めて”あなた”という人が書いた手紙です。

彼女を好きになった自分と、自分を愛してくれている彼女を信じて、どうか、ありのままの自分から出てくる感謝や愛情の言葉を、手紙へ書き出してみてください。

自分らしい言葉こそが、新婦の心に響く手紙を作り上げる一番の材料になりますよ。

 

書き方のポイント② 新郎新婦の具体的なエピソードを含める

「手紙は自分らしい言葉で書く、っていうのはわかったけど、そうじゃなくて、何を書くかで迷ってるんだよ!」という方も、いらっしゃるでしょう。

むしろ、そこが一番の悩みどころかもしれませんね。

でも大丈夫です、あなたの素直な気持ちが表現できる手紙を書く方法は、ちゃんとあります。

その方法とは、今までにあった新郎新婦にとっての特別なエピソードを、手紙の内容に含めることです。

ぜひ、手紙を書き始める前に、今一度、夫婦になるまでの二人の軌跡を、振り返ってみてください。

たとえば、二人が出会うきっかけになった時のことや、大げんかしてしまった時のこと、奥様と出会って自分の価値観に変化が起きた時のことなど…お二人”ならでは”の出来事が、これまでにたくさん、あったのではないでしょうか?

あなたに今、どうしても新婦に伝えたい感謝や愛情の気持ちがあるのなら、あなたがそういった感情を抱くに至った“理由”が必ずあるはずです。

そして何より、そういった二人の具体的な思い出があるからこそ、新郎のあなたが、新婦のことを、どれほど大切に思い、愛しているのかが、より鮮明に伝わるのではないでしょうか。

新婦も、当時のことを思い出しつつ、「あの時のこと、覚えててくれてたんだ」「そんな風に想ってくれてたんだ…」と、あなたのまっすぐな想いに、感動するに違いありません。

 

書き方のポイント③ 今後の展望も盛り込む

今後夫婦として、家族としてどうなっていきたいかについて書くことも、あなたの気持ちを表現するのに、欠かせない要素になります。

結婚生活の中でこんな風に一緒に過ごしたい・こんな関係になっていきたい、といった将来のビジョンには、あなたと奥様がこの先もずっと幸せでいるための、決意や願いが込められているはず。

結婚はゴールではなくスタートですから、「僕は君のことが大好きだから、君と結婚できて嬉しい。ありがとう。おわり。」では、これから長く続いていく夫婦生活に対して、少し心もとないですよね。

奥様に対する愛情や感謝は、もちろん大切です。

しかし、その想いの先には、二人の未来も見据えているんだということを伝えてあげるだけで、さらに大きな信頼と安心感が、新婦から新郎へ生まれるものです。

手紙の締めくくりには是非、夫婦で叶えていきたい、これからの展望を盛り込んでみましょう。

手紙は内容だけでなく演出アイデアも大切

結婚式で新郎から新婦への手紙サプライズを行う際に、あなたは、披露宴や二次会まで足を運んでくれた、ゲストの方々をおもてなしする役割も、果たさなくてはなりません。

そこで重要なのが、手紙を読む際の、演出アイデアです。

もちろん、新郎のあなたが、新婦である奥様へ想いを込めて書いた手紙は、とても素晴らしいものになるでしょう。

しかし、もし奥様がご両親に向けて、手紙を読む予定があるのならば、奥様と同じような演出にならないように、見せ方やアプローチの方法を工夫する事で、参列してくださっているゲストの方々も、飽きることなく、新鮮に楽しむことができるのではないでしょうか?

例えば、新郎新婦や両家へのお祝いとして送られる祝電に、こっそり自分の手紙を紛れ込ませる演出方法は、どうでしょうか。

祝電は本来、当日に参列することができなかった方々から送られることが一般的なので、そこで新郎の名前が読まれたら、会場全体から一気に注目が集められそうですよね。

他にも、「実は、結婚前に妻へきちんとしたプロポーズができていなくて…」といった場合は、公開プロポーズという形で、新婦への手紙を用意するというのも、ゲストが盛り上がる演出となりそうです。

このように、新郎がゲストをもてなす、という役割を果たすことで、新婦だけでなく、ゲストの皆さんにも感動を与え、楽しんでもらえるような素敵なサプライズにすることができますよ。

 

2.新郎から新婦への手紙は記憶にも記憶にも残るサプライズを

ここまで、新郎から新婦への手紙サプライズを行う際の、新郎の役割をふまえた手紙の書き方や、サプライズの演出についてお話ししてきました。

“役割“という重たそうな言葉に、少しプレッシャーを感じてしまったでしょうか?

でも、安心してください。

実は、そんな新郎の役割を助けてくれる、最新の手紙サービスがあるんです。

それは、絵本で贈るいい大人のためのラブレター「シカケテガミ」。

関連記事:「オリジナル絵本の新定番「シカケテガミ」で誕生日・記念日に日頃の感謝を伝えよう」

シカケテガミは、日頃は恥ずかしくてなかなか伝えられていない愛や感謝の気持ちを、世界にひとつの絵本の手紙で、大切な人へ贈ることができるオンデマンドギフトサービスです。(シカケテガミホームページより引用)

上記のコンセプトからもわかる通り、シカケテガミは、大切な人へ自分の気持ちを素直に伝えるための手紙ツールであり、また、温かみのあるイラストとお話が組み合わさった絵本という形態で、見る人を楽しませることができます。

これはまさに、今回お話ししている新郎の2つの役割と、非常にマッチしたアイテムではないでしょうか?

また、シカケテガミは、従来のオリジナル絵本とは一線を画す、カスタムの幅が特徴で、例えば…

  • プロの絵本作家が書き下ろしたイラストから、自分好みの絵を選択できる
  • 絵本の主人公であるあなたと贈り相手の顔イラストは、アバター形式で自由にカスタムが可能
  • あなたの気持ちを代弁してくれるストーリーを、最大21種類の選択肢から5つ選んで自由に組み合わせることができる
  • お好きな日付の刻印ができるので記念品としても◎

などなど、シカケテガミなら、記憶にも記録にも残るサプライズが、誰にでも簡単に演出することができるんです。

そして何より、絵本の最後には、あなたからのオリジナルメッセージを入れることができるので、そこにあなたの素直な気持ちを込めれば、新婦であるあなたの奥様は「自分に向けて、真剣に書いてくれた手紙なんだ」と感動し、喜んでくれることでしょう。

さらに、シカケテガミでは、新婦への手紙のサプライズを考えている新郎に向けた、シカケテガミのデータ提供のサービスも展開しています。

画像データを利用することで、シカケテガミを会場のスクリーンに投影することができます。

新婦への手紙を、新郎がただ声に出して読むのではなく、絵本という形で、視覚的にも楽しめるように会場全体へ共有することで、新婦だけではなく、ゲストの方々も盛り上がることができる演出となります。

このように、シカケテガミは、新郎から新婦への手紙サプライズにおける、新郎の2つの役割を、しっかりとサポートしてくれるんです。

ぜひ新郎から新婦への手紙サプライズに、シカケテガミを取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

3.まとめ

いかがでしたか?

新郎から新婦への手紙サプライズでお悩みの方に向けて、新郎が果たすべき役割における、手紙の書き方・演出アイデアについてお話ししました。

新婦に真心を伝えるだけでなく、会場全体へのもてなしも考えなくてはならない「新郎の役割」というのが、一見して手紙サプライズのハードルをあげているように感じます。

しかし、新郎であるあなたが新婦を想う素直な気持ちと、ちょっとしたアイデアや工夫さえあれば、手紙を書くことは全く難しいものではなく、誰にでも簡単に、素敵なサプライズを演出することができるんです。

結婚式という人生の一大イベントを、いつまでも色褪せない素敵な思い出にするために。

是非、この記事を参考にして、新郎の役割を意識した、手紙のサプライズに挑戦してみてくださいね。