プロポーズ時期、ベストタイミングはいつなの?結婚を導く5つの見極め方!

 

プロポーズの時期として理想的なタイミングとはいつでしょうか?

お付き合いしている方との結婚を思い描いた時、多くの方がプロポーズを考えると思います。

でも、想いを伝える時期やタイミングは人によって様々で、そこに明確なひとつの答えはありません。

また、プロポーズの時期・タイミングと言っても、考えるべき切り口はたくさんあります。

例えば、日にちや場所なども悩みどころですし、現実的な部分ではお互いの年齢や二人を取り巻く環境、交際期間、金銭面などなど…。

気になる点はたくさんありますよね。

そこで今回は、悩めるあなたのために、プロポーズの理想的な時期・タイミングがわかる、5つの見極め方についてお教えします!

これを読めば、プロポーズのベストタイミングを逃すことなく、結婚に導けるはずです!

 

 

1.交際期間から考えるプロポーズの理想的時期・タイミングの見極め方

交際期間というのは人それぞれに異なるもの。

ここでは、プロポーズ時期の理想的なタイミングを、交際期間から見極める方法について考えていきます。

付き合ってからプロポーズまでの期間はどのくらいがベスト?

一般的には、付き合い始めて1〜3年ほどでプロポーズに至るケースが多いようです。

でも、プロポーズをする時期・タイミングの決め手は、あくまでも「彼女のことをどれくらい理解できているのか」という点です。

例えば、「身だしなみはきちんとしてるけど、部屋が片付けられない」とか、「料理は上手いけど、調味料や食材に対するこだわりが強すぎる」など、大小さまざまな彼女の性格、価値観、こだわりや趣向など…。

一緒に過ごしてみて、初めてわかることはたくさんあるかと思います。

交際相手と年単位で同じ時間を過ごしていれば、お互いに相手のことをある程度深く理解することになります。

そんな一般論的な指標として、平均交際期間1〜3年という数字になるのではないでしょうか。

なので、逆に言えば付き合いがたとえ半年未満だったとしても、相手のことを理解していると思えるのであれば、それがプロポーズをするべき時期・タイミングということです。

交際期間の長い短いにこだわらずに、“自分の彼女への理解度の目安”として、交際期間を振り返ってみてください。

それがプロポーズの時期やタイミングを決定づける一つの要素となるでしょう。

交際期間が長すぎるとプロポーズのタイミングを逃す!?

あなたがのんびりしている間、彼女は常にあなたとの結婚のことを考えていたかもしれません。

そして、そんな彼女を待たせすぎてしまったせいで、いつの間にか手遅れに…なんてことも。

世間で言われている、「交際開始からプロポーズまでの期間」の目安が1〜3年とすれば、実際の交際期間がそれより長ければ長いほど、彼女を不安にさせている可能性があります。

もちろん、交際期間の長さに影響されるかどうかは、お互いの関係性や、結婚への考え方によっても異なります。

しかし、そういったところも含めて、“自分は彼女のことを本当に理解しているのか?”というところに繋がってくるのです。

もしかしたら、彼女の日常の言動や行動にヒントが隠されているかもしれませんよ。

 

2.金銭面から考えるプロポーズの理想的時期・タイミングの見極め方

あなたは、自分の現在の貯蓄金額を把握していますか?

現実的な話になりますが、結婚において、お金は重要な要素の一つです。

プロポーズで想いを伝えるだけならお金はかかりません。

しかし、プロポーズでサプライズを行う場合には、規模にもよりますが、サプライズを行うのに必要な場所代やイベント代、プレゼント代などの費用がかかります。

特に婚約指輪の購入となると、金銭的にも、気持ち的にも、相応の覚悟を持って購入する必要がありますよね。

また、結婚式にも多くの費用がかかります。

挙式代、会場費、装花代、衣装代、料理代、ペーパーアイテム代、写真やムービーの撮影・編集費、引出物代等々…挙げればきりがありません。

さらに、結婚はゴールではなくスタートだという点も忘れてはいけません。

結婚した後の新生活にかかる費用、新婚旅行など、出費はとどまることを知りません。

しかし、プロポーズをしてから結婚するまでに時間がある場合はその間に貯蓄もできますし、彼女とすでに同棲している場合などは、同棲経験がないカップルに比べて生活費に余裕があるケースもあります。

このように、金銭面も人によって異なりますが、もしこの点で大きな不安がある場合は、見切り発車な結婚とならないためにも、プロポーズは時期尚早だと考えるべきです。

  

3.年齢から考えるプロポーズの理想的時期・タイミングの見極め方

結婚を考える年齢的な時期やタイミング、いわゆる結婚適齢期というのは、個人の結婚の捉え方・考え方によってさまざまです。

例えば、お子さんが早く欲しい場合などは、体力面を考慮して、20代〜30代手前までには結婚したいと考える方が多くいらっしゃいます。

また、近年は女性の社会進出もあり、仕事を頑張りたい・キャリアを重視したい女性の場合は、30代前後の結婚を望まれる方もいます。

仕事や収入が安定するのも、この時期ではないでしょうか。

このように、結婚の考え方は人によって様々なため、交際相手と結婚への認識の共有が必要となってきます。

そのため、年齢はただの数字として捉えるのではなく、結婚の考え方の一つの指標として、プロポーズ時期・タイミングの決定に活かすべきです。

多くのカップルは、プロポーズしてから約半年〜1年後に結婚すると言われています。

それを踏まえ、お互いにとっての結婚適齢期から逆算した年齢がプロポーズをする時期として理想的なタイミングと言えるでしょう。

 

4.環境から考えるプロポーズの理想的タイミングの見極め方

身の回りの変化も、プロポーズの時期・タイミングを決定づけるのに重要です。

例えば、仕事における男性の出世、昇給などは生活の安定面などから結婚を決める一つの要素です。

また転勤が決まった等の場合も、結婚を決意するタイミングとなりうるでしょう。

しかしその一方で、双方どちらかの異動や転職などによる仕事環境の変化や、家庭環境の変化など、心が伴う変化には十分気をつけなければいけません。

むしろ不安定な時期だからこそ、心身共に支え合いたいという意味で結婚を望む場合もあるかとは思います。

でも、お互いに、もしくはどちらか一方が心にも生活にも余裕がなくなっている場面でのプロポーズは、判断力が欠けてしまう場合もあるので、注意が必要です。

 

5.日にちから考えるプロポーズの理想的タイミングの見極め方

プロポーズすることを決断したあなたにとって、さらに悩みの種になるのが、プロポーズを決行する具体的な日にち。

では、一体どのような時期のプロポーズがベストタイミングなのでしょうか。

誕生日やクリスマスなど特別な日にプロポーズってどうなの?

誕生日やクリスマスなどのイベント時期に合わせたタイミングでのプロポーズは、目的をカモフラージュしやすいため、サプライズでプロポーズを行いたい!といった場合にオススメです。

関連記事:プロポーズでサプライズを成功させるやり方!照れ屋でも難易度が低い方法とは?

特にクリスマスの時期などは、街の至る所でイルミネーションが行われており、プロポーズのために特別な演出を用意しなくても、雰囲気のあるシチュエーションを活用できるところも魅了的です。

実際、シカケテガミのユーザー様の中にも、クリスマスにプロポーズをされる方が多くいらっしゃいます。

絵本の形をした大人のためのラブレター「シカケテガミ」は、クリスマスプレゼントの一つとしてお渡しすることができるので、とても素敵な活用方法だと思います! 

 

また、二人にとっての特別な記念日などのタイミングでプロポーズをする男性も、多くいらっしゃいます。

これまで二人で過ごした思い出が重なり、さらなる感動に繋がるためです。

お互いにとっても、生涯記憶に残る大切な日となるのではないでしょうか。

特に何もない日でもプロポーズをしてOK?

特にイベント時期ではない、ごく普通の日にプロポーズをする、というのもアリです。

むしろ、何もない日だからこそ、プロポーズをした日がプロポーズ記念日となり、特別感が生まれるのです。

二人だけの特別な記念日なんてロマンチックだと思いませんか?

また、大人のためのラブレター「シカケテガミ」なら、オリジナルの絵本の中に好きな日にちを刻印できるので、プロポーズ記念日を刻印すれば、記憶にも記録にも残る素敵な記念品になること間違いなしです! 

日にちはこだわりすぎないように注意

プロポーズの具体的な日にちについては、イベントに合わせた日でも、何でもない普通の日であっても、それぞれの良さがあります。

つまり、プロポーズの日にちについては、こだわり過ぎる必要はないのです。

日にちから見たプロポーズ時期の理想的タイミングは、自分の揺るぎない決断を信じ、お互いの状況、環境、結婚観などを総合的に考慮した上で決定した日が、まさにベストなタイミングとなります。

日付にこだわりすぎて、プロポーズが先延ばしになってしまったり、プロポーズまでに日にちがなく、準備がおろそかな状態でのプロポーズになってしまった…、と言うような、せっかくのタイミングを逃してしまう事態には、十分注意しましょう。

関連記事:家プロポーズは恥ずかしがり屋にオススメ!サプライズを自宅で成功させる方法とは?

 

6.まとめ

今回は、プロポーズの理想的な時期・タイミングの見極め方を、様々な角度から紹介しました。

プロポーズは、一生に一度の大切な時間。

彼女が自分にとって未来を想像できる相手なのであれば、あとはあなたが決断するだけです。

プロポーズに適した時期・タイミングをしっかりと見極めて、想いを伝えましょう。

しかし、慎重になりすぎた結果、プロポーズのタイミングを逃して取り返しのつかないことになってしまったり、あるいは焦ってプロポーズした結果、滲み出た不安が彼女に伝わってしまう、なんてことも。

そうならないためにも、この記事を参考にして頂き、「今、自分と彼女はどんな関係性で、どんな状況にあるのか」を改めて見つめ直してみてください。

きっと、あなたとパートナーにとってベストなプロポーズのタイミングが見えてくるはずです。

たとえどんな日にプロポーズするとしても、彼女への想いが込もったプロポーズであれば、間違いなくその日は二人にとって記憶に残る特別な日になるでしょう。

そして、プロポーズをする時期や日にちを決めたら、次にプロポーズの方法を考える必要があります。

「せっかくのプロポーズだから、彼女には喜んでもらいたいけど、どんな風に気持ちを伝えればいいのかわからない…」という方に、ぴったりのサービスがあるのをご存知ですか?

大人のためのラブレター「シカケテガミ」では、オリジナルの絵本の手紙で、大切な人へ自分の気持ちを届けることができます。

ぜひ、プロポーズの際にご活用ください。

関連ブログ:オリジナル絵本の新定番「シカケテガミ」で誕生日・記念日に日頃の感謝を伝えよう